福岡のパソコン便利屋さんとしてWindows/Macの修理、トラブル対応、出張サポートに奔走中!

Mac修理について(iMac)

  • HOME »
  • Mac修理について(iMac)

弊社へいただく修理依頼で圧倒的に多いアップル製品はiMacです。

個人、法人を問わず本当によく使われています。その分、修理依頼の件数も多く、長年この仕事をしていると、故障の傾向も見えてきます。
基本的にメーカーサポート終了した古いMacにも対応しています。ただ、実際に修理可能かどうかは、必要なパーツが入手出来るかどうかに左右されます。

■iMac年式別修理対応情報

年式 液晶パネル ハードディスク ロジックボード・グラフィックカード 備考
2006年以前(PowerPC世代を含む) ハードディスクの選定に制限あり
Early 2007~Early 2008
Late 2009~2010 ハードディスク交換は別途温度センサーコネクタが必要
2011 ハードディスク交換は別途温度センサーコネクタが必要
2012以降 ハードディスク交換は別途温度センサーコネクタが必要

※表内の「○」は対応可。「△」はパーツ入手が困難な場合がありますが、入手出来れば対応可。

■ハードディスク交換料金:約2万円から

(部品代、工賃、出張預かり&納品料込み HDDの容量によって価格が異なります)

iMacの故障個所として一番多いのはハードディスクドライブ(以下HDD)です。まぁ、これはiMacに限らずパソコンの「宿命」ですので、当然でしょう。
HDDは、電源が入っている間は1分間に5,400回転~7,200回転という高速で回転し続ける機械です。モーター駆動している以上、消耗するのはしょうがないです。一般的にHDDの寿命は5年前後と言われています。

上記の表に示したように、iMacのHDD交換はちょっとクセがあります。

古いモデルは、現行のHDDを使うと容量を正しく認識出来なかったりするので、注意が必要です。(インターフェイスの違い、BigDrive問題など)

もう一つ、厄介なのは温度センサーの問題です。
iMacは、スリムな筐体にぎっしりとパーツを詰め込んでいます。これは眺める分には芸術的ですらありますが、このせいで熱の問題が起こりやすい傾向にあります。このためiMacでは本体内にいくつもの温度センサーがあり、温度が上昇するとそれを感知して冷却ファンが回り出します。

この温度センサーがHDDにも取り付けられているのですが、2008年モデルまでは、HDDへ両面テープでセンサーを貼り付けるタイプだったので、それを剥がして新しいHDDに貼り付け直すだけでOKでした。しかし2009年モデル以降は、HDDに専用コネクタを接続して、ダイレクトに温度信号を取り出す仕組みに変更されています。しかし、この温度信号は、iMac用にカスタマイズされた専用HDDからしか出力されておらず、汎用のHDDに見た目が同じコネクタがあっても、そこからは温度信号を拾えないのです。この場合、他社製の特殊な変換ケーブルが必要になります。これがあれば、どのHDDをつないでも正常に温度センサーが動作しAHT(AppleHardwareTest)でもエラーは出ません。

ただ、この変換ケーブルは約7,000円です。通常の修理代+約7,000円が必要ということになります。

ちなみに温度センサーが正常に働かないと、電源を入れるとすぐに冷却ファンが最高速でガンガン回り続けます。ちょっとした掃除機をつけっぱなしにしているくらいうるさいです(-○-;)。

■ビデオカード交換料金:2万5千円程度から

(部品代、工賃、出張預かり&納品料込み ※機種ごとに価格が異なります)

次に多いのは、ビデオカードの不良です。
ビデオカード、グラフィックカード、ビデオボード、グラフィックボード等々、呼び方はいろいろありますが、同じものを指します。
画面全体に四角いブロックノイズが出て、全く操作を受け付けなくなったりします。
特にMid 2011の27インチモデルではメーカーリコール騒ぎにもなりました。アップルの指定期間内であれば、無償で修理してくれていましたが、現在は終了しています。

ビデオカードはロジックボードの裏側に付いていて、ほぼ全分解が必要になる非常に難易度の高い作業となります。
パーツそのものの数が少ないので、パーツを確保出来るかどうか、の方が問題だったりします。特に古いものなるほど入手が難しいです。また高年式のビデオカードは、パーツだけで3~4万円以上になることもあります。(例:Late 2009 27インチ用 ATI Radeon 4850HD 約4万円)

■ロジックボード、液晶パネル、インバーターボードなど

基本的にどのパーツも修理=交換となりますので、修理可能かどうかはパーツが入手できるかどうかによります。
パーツの供給元の在庫も随時変動しますので、まずはお問い合わせください。

以上、Macの中でも特に需要の多いiMac修理に特化してのご説明でした。

■MacBook Pro、MacBook Airなど、ノート製品も、もちろん修理対応しています
ラップトップ(ノート)製品は、HDD交換の際は、動作が劇的に速くなるSSDに交換することをお薦めします。(参考記事

まずはお電話を! TEL 092-986-3184 年中無休!

PAGETOP