私の場合、福岡市近郊の限られた地域での話ですが、パソコンの修理やトラブルの出張サポートであちらこちらの企業や個人宅に伺って、パソコンのデスクトップ画面を拝見すると、とにかく多いのがこの「Mcafee Security Scan Plus」のショートカットアイコンです。

当サイトの検索クエリを見ても、一度記事中で言及しただけなのに、よほど「興味がある」方が多いようですので、今回は特集です!

今の世の中「セキュリティ」「ウィルス」「流出」などのキーワードには敏感になっている方が多いようで、これはもちろん歓迎すべき風潮です。が、しかし!それは対策ソフトがたくさん入ってればいいのか、というと間違いです。

例えば、自宅の玄関に鍵が一つよりも二つある方が防犯上は効果があるでしょう。3つも4つもあれば、さらに効果が期待出来ます。でも、パソコン内で動作するプログラムには「競合」という、厄介な現象が付き物です。

同じような機能の複数のソフトが入ってると、それ同士が「ケンカ」をして、双方共倒れ、つまりコレまで動いてたソフトが他のソフトが入って来たら動かなくなった、という事態もよく起こります。

こういう「競合」が一番多いのが、この手のセキュリティ対策関係のソフトです。これらのソフトは、Windowsが動作している間は常にバックグラウンドで動作していて、自分以外の他のソフトが不自然に外と通信していないか、とかパソコン内のデータを外部へ送信しようとしていないか、とか、Windowsの管理権限を乗っ取って不正に改変しようとしていなか、などを監視している訳です。

ヤクザも震え上がる熟練の鬼刑事が電柱の影からジーッと監視してるような感じを想像して下さい。ところが、よく見ると向こうの電柱の影にもうひとり同じような強面な男がジーッと自分と同じ方向を見張っている!怪しいヤツだ!となって、もう本来の目的(張り込み)はそっちのけで、強面同士のにらみ合いが始まってしまいます。

と、くだらん例え話もたいがいにしとけって言われそうですが、パソコン内でこういう事が起こり始める訳ですよ、複数のセキュリティソフトを入れちゃうと。

話が逸れましたが、今回ご紹介した「Mcafee Security Scan Plus」は、三大セキュリティソフト会社の内のひとつと「McAfee(マカフィー)」という会社の「広告ソフト」です。正直なんの役にも立たず、無駄にメモリを喰うだけの邪魔者です。

誰かがご自分のブログで、これについて例え話を書いてましたが、曰く「携帯電話を買うと、オマケにストラップが付いてくるのと同じと考えていい」と。言い得て妙ですな。

ちなみにコレをアンインストール(削除)するのは、普通の手順で簡単に出来ます。
コントロールパネルの「プログラムのアンインストール」「プログラムの追加と削除」など、OSのバージョンによって多少の表記違いはありますが、まぁココを開いて「Mcafee Security Scan Plus」を選択して「削除」とやればOKです。

問題は、なぜそれが誰のパソコンにもいつの間にか入ってるのかって言うと、犯人はほとんどの場合「Adobe Reader」古くは「Acrobat Reader」というPDF閲覧ソフトです。

殆どのパソコンには初めからオマケとしてこのAdobe Readerが入ってたりしますが、もちろんコレ自体は無くてはならない便利で大事なソフトです。インターネット上の様々なPDFデータを閲覧するための無料ソフトです。しかし、このAdobe Readerは、すごく頻繁にアップデートしてください、を言ってくるんです。「セキュリティの向上云々」という説明とともに。

じゃ、最初のバージョンはどんだけ穴だらけなのよ、って突っ込みたくなりますね。

で、大人しくアップデートし始めると、まずアドビシステムズのホームページが自動的に開きます。この画面です。
adobereader_mcafee_win
黄色で一番目立つように「↓今すぐダウンロード」ボタンがあります。
しかし、ちょっと注意してみるとその上(赤丸で囲んだ部分)に「はい、McAfee Seurity Scan Plusをインストールしますーオプション」と書かれています。しかも、その上には「無料」とか「セキュリティをチェックします」とか、いかにも初心者が喜びそうな釣り文句を並べてますね。当然、このまま黄色のボタンを押せば、Adobe Readerと一緒にコイツも入ってくる訳です。だから、インストール前にこのチェックを一回クリックして外してやるだけで
「Mcafee Security Scan Plus」無しに出来ます。

ちなみに、このソフトはMacでは動作しませんので、Macで同じページを開いてみると、この通り。
adobereader_mcafee_mac
「Mcafee Security Scan Plus」が含まれないAdobe Readerだけのインストール画面が表示されます。

何にでも共通して言える事ですが「コレって何だろう?」とちょっとでも思ったら、インストールする前に、すぐにその言葉をヤフーやグーグルで検索してみて下さい。「Mcafee Security Scan Plus」で検索すると恐ろしいほどの数で「役立たず」「邪魔者」「不要」「削除方法」などで書かれたブログが引っかかります。それらの見出しを見るだけで「あぁ、入れなくてもいいヤツだ」って判断が出来るんじゃないでしょうか。