どこの家庭も、お子様の成長記録、家族の記録のビデオ、写真をたくさん撮っていることと思います。でも、撮るだけ撮って、そのまま引き出しの中に溜まっていくだけで…という方が多いんじゃないでしょうか。

去年の夏、ビデオ撮影をご依頼いただいた方(「山笠があるけん博多たい!」)から、ついでにコレまでに撮りためた、家族のビデオを編集してDVDにしてくれないか、と相談を受けました。「かなりたくさんあるよ」「いいですよ、気合入れてやりましょう!」と安請け合いをしちゃいました。
数日後、素材を受け取りにいくと、大きなダンボール箱にギッシリと詰まったビデオテープ。帰って数えてみると、VHS、VHS-C(小さいヤツ)、mini-DVで、合計121本(-_-;)。しかも、8割がたはラベルも何も貼ってなくて、再生してみないと、何が入ってるかわからない、というシロモノでした。
例えばあるテープは、再生してみると、よくある家族の日常風景が映されています。と、15分くらいで当時のテレビ番組の録画に切り替わりました。これが「欽ドコ」だったりして、関根勤(当時はラビット関根)と、小堺一機が黒子の格好で出演していたり、ついつい懐かしくて見入ってしまったりしながら(笑)、そのまま30分くらい見てると、いきなりまた自分で撮影した家族映像になって…、という具合のテープが、100本以上です。
普通の業者さんなら、話を聞いただけでアウトだと思います。せいぜいベタ焼きで、「内容については知りません」としか、やりようがないんじゃないでしょうか。
そんな素材から、必要な映像だけを選び出してキャプチャして、明らかに不要なシーンはカットし、例えば運動会のビデオでは、各競技ごとにチャプターメニューを設定したり、映っている子供さんの成長具合や一瞬映りこんでいたカレンダーから、撮影年を割り出して、年代順に並べたり…と、結構頑張らせていただきました。
そして、つい先日、やっとのことで完成しました。
121本のアナログテープから、最終的に19本のDVDビデオを制作し、デザインジャケット付きの化粧ケースに入れて納品させていただきました。かなり時間的には余裕をいただいていて、約10ヶ月かかりました。総制作費約35万です。
高いと感じるでしょうか?安いと感じるでしょうか?
同業をやってる友人に話したら、「私なら100万」とサラリと言ってのけました。
だよなぁ…